理系のための借金相談入門

債務整理をした場合、結婚をする際に影響があるのでは

債務整理をした場合、結婚をする際に影響があるのではないかと考えている人がいますが、債務を整理せずに、多額の借金が残っているほうが問題です。
債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして挙げられるのは、家を建てる場合、債務整理後、7年間は住宅ローンを借りられない事です。7年以上我慢すればローンを組むことが可能になります。

専業主婦の方にも債務整理というのは可能です。もちろん、誰にも極秘で措置をうけることもできると思いますが、大掛かりになってしまうなら家族と話し合ってみた方がいいです。専業主婦でも返済がストップすれば、弁護士の力によってどうにでもできます。債務整理をすることで車購入のための借り入れが出来なくなるんじゃないかという人がいますが、現実にはそんな事はありません。
それなりの時間、組めない時期があるのですが、その期日が過ぎるとちゃんとローンを組めるようになりますので、不安に思うことは何もありません。



自分は個人再生をしたために月々の家のローンの支払いがとても軽くなりました。

それまでは毎月支払うのが難しかったのですが、個人再生で助けられたことで返済にかかる金額が非常に少なくなり、生活に余裕が生まれました。


迷わず弁護士に相談してみて本当に助かりました。

任意整理をした後に、いくらお金を使う理由があるからといって、消費者金融などで借金を申し込んだとしても、審査される際にノーと言われます。
一度、信用情報機関のブラックリストに記載された場合、登録が消されるまでには5〜10年の時間が必要ですから、それより後になれば借り入れが出来ます。最近、債務整理の中から自己破産という方法を選び、無事に処理を終えました。
毎日思っていた返せない、さらに延滞したらどうなるんだろうという心配から自由の身となることができ、精神的に本当に救われました。



これなら、もっとずっと前から債務整理しておくべきでした。


債務整理を行ってから、というなら、利用することはできません。債務整理を行った場合、あと数年くらいは、信用情報に載ってしまいます。利用したいと思った場合でも当分の間、待ってください。私はお金を借りたことで差し押さえされそうなので財務整理を決行することにしました。債務整理をした場合は借金が大幅に減りますし、差し押さえを免除されるからです。近所の弁護士事務所で話を聞いていただきました。


家族と同じような気持ちになって相談させてもらいました。
Copyright (C) 2014 理系のための借金相談入門 All Rights Reserved.